2015年10月7日水曜日

Fear the Walking Dead - シーズン1・第6話(シーズンフィナーレ)ネタバレ感想メモ

第5話のネタバレ感想メモからの続きです。

10月4日(日)放映の第6話(シーズン1の最終回)、エピソードタイトル「The Good Man」の感想&あらすじメモ。

とくに記載のない画像はすべてFacebookより


本家『ウォーキング・デッド』をしばらく見ていなかったせいか、このシリーズってメインキャラでもおかまいなしにどんどん殺すんだったってことをすっかり忘れてて、ちょっと滅入ってしまう展開もありましたが…シーズン1全6話の中で、最も見応えのあるエピソードでした!



***以下、ネタバレ全開***






先週、床屋ダニエルの奥さんグリセルダが死にましたが、今週も意外な人が死を迎えました(;_;)

ウォーカー集団


ダニエルが軍の目をそらすために放ったウォーカーの大群がニックやライザのいる医療施設めがけてやってきて、ダニエルのもくろみどおり、軍はウォーカー対策でてんてこ舞い。ダニエルたちはすんなりと施設にもぐり込みます。

しかし、あれだけのウォーカーを放ってしまったのは大間違いだったでしょう。シーズン中、このためにセーブしてたのかと思うほどの大群ゾンビ(^-^; 


最初は軍が救助に来てくれることを信じていたお医者さん、「家族を連れて行きたい」と言うライザに「血のつながる家族だけにしなさい」と、クリスとトラヴィスだけ連れて行くことを許します。




しかし結局は軍の救助も望めなくなり、絶望したお医者さんはライザやスタッフに「逃げなさい」と命じ、自分はひとり残って患者たちを殺すという悲しい仕事をするはめに(;_;) …これ切なかったな…


一方、フェンスに閉じ込められていたニックは、お金持ちの黒人のおじさんの鍵を使って2人で逃げ出しますが、結局ゾンビたちに追いつかれそうに。間一髪のところでセキュリティカードを持ったライザがドアを開け、トラヴィスたちと合流します。

ニックがおとなしくしてればゾンビの大群に追いかけられることもなく助けられていたであろうとも言えますが…とにかくこの時点ではトラヴィス一家もマディ一家も無事。ダニエルとオフィーリアはようやくライザからグリセルダの死を聞かされます。


トラヴィスの変化


「家族が目の前で襲われるような状況になれば変わるか?」と前回書いていたトラヴィスですが…早くも今回、リック化しました。

ダニエルがアンディを殺そうとするのを止め、自分の車に乗せようとして「殺されるから、逃がしてくれ」とアンディに泣きつかれ、解放してしまったトラヴィス。

ところが、医療施設からやっとの思いで脱出しようとしたそのとき、逃がしたはずのアンディが物陰から出てきてオフィーリアを銃撃(!)。次の瞬間、アンディに飛びついて殴りつけたのはダニエルではなく、プツっと何かが切れたのか、鬼のような形相のトラヴィスでした。



このシーンは「そこまでしなくても…」と目を背けたほど。あのままだとアンディは死ぬかゾンビにやられるかしかないでしょうね(-_-;

それにしても、なぜオフィーリアを撃ったのか。愛してたのに裏切られたと感じたのか、それともダニエルを苦しめたかったのか、両方か…。

あ、ちなみにオフィーリアは腕を撃たれただけでピンピンしてます(^-^;


ストランドの「計画」


施設内のフェンスでニックを助け、いっしょに逃げ出した黒人のおじさん「ストランド」はそのままトラヴィスたちと行動を共にすることに。ストランドの助言で西へ向かうことにした一行、彼の豪邸に目を見張ります。

ストランドの目指すは海に浮かぶ豪華な船「アビゲイル」。海ならウォーカーもいないだろう…泳げないだろうというわけです。(ストランドが「アビゲイル」と口にした時点で、じつは船の名前じゃないかと想像がついてしまった)

どうしてストランドがそんなにいろいろ知っていて準備ができてるのか、そのへん謎だけど、この際トラヴィスたちにとってはどうでもいいことでしょうね。





おもしろかったのは、ニックが「まるで今まで自分が生きてきた世界が現実になって、みんなが追いついて来たみたいな感じだ」と、目を輝かせて(?)母親に語るシーン。

麻薬中毒の彼は、いつも現実離れした世界を生きていたということかしら。それとも「生きるか死ぬか」の瀬戸際のところを生きていたということ?

とにかく、こういう非常事態でニックが落ち着いて見えるのは、そのせいなのかも。もともと地獄のような人生だったんだから。

本編放映直後の『トーキング・デッド』というトークショーに出演したトラヴィス役の栗フ・カーティスさんが「ニックのような人間が最も適応しやすく、逆に生活設計がきちんとできているタイプが最ももろいだろう」と言っていたのもうなずけます。


思いがけない悲劇


しかし、ここで緊急事態発生。

ライザが自分のおなかに「噛みあと」を見つけてしまうのです。ほかには致命傷になるような怪我はしていないし、元気なのに…「トラヴィスにやらせたら、彼は壊れてしまうから」と、マディを呼び出して頭を撃ってほしいと頼み込むライザ(;_;)

こっそりと殺してもらうつもりだったのにトラヴィスに見つかってしまい、銃はトラヴィスの手に渡ります…。

R.I.P. ライザ。最後までselflessな人でした。

てか、もうちょっとあとでもよかったんじゃ?せっかく息子と再会したのに(;_;)


はあ〜あ、シーズン2はどうなるのか、非常〜〜〜に楽しみなところで終わりました!

YouTubeに公開されている飛行機のエピソードについても、別途書いて行きたいと思います☆

***


<おまけ:S1最終回の時点で生死・行方が不明なキャラまとめ>

  • 交信を求めているように光をちかちかさせて信号を送っていた人物(?)
  • マディが高校で出くわした高校生トバイアス(モーガンみたい?)
  • 女性医師(患者を殺したあと自殺するそぶりを見せたが実行したか否かは不明)
  • アンディ(かなり痛めつけられてたけど…死んだところは見せてない)
  • モイヤース(ゾンビ軍団の中に置き去りにされたけど確実に死んだかどうかは不明)

シーズン2か、それ以降でひょっこり出てきてもおかしくないのでメモっときました。

トバイアスは人気キャラみたいで、再登場を期待するファンも多いらしい。高校生なのに早い段階で事態を呑み込んでたのが人気の理由かな?「信号を送ってたのがトバイアスでは」と思ったりも。

※ブロガーだとコメントしにくいというご意見がありまして、アメブロにコメント用記事をアップしました。ここにコメントが残せない方は、よろしければそちらにどうぞ。

*コメント用アメブロ記事はこちら


Posted on Wed. October 7, 2015

<関連記事>
Fear the Walking Dead - シーズン1・第1話ネタバレ感想メモ
Fear the Walking Dead - シーズン1・第2話ネタバレ感想メモ
Fear the Walking Dead - シーズン1・第3話ネタバレ感想メモ
Fear the Walking Dead - シーズン1・第4話ネタバレ感想メモ
Fear the Walking Dead - シーズン1・第5話ネタバレ感想メモ

4 件のコメント:

  1. 光で信号送ってた人は軍の者に銃殺されたんじゃなかったっけ?
    向こうを見てたら何発かの銃声が聞こえて火薬で点滅してたような
    一度しか見てないからよく覚えてないが
    もしかしたら動けない状況下で銃持ってて部屋に侵入してきたウォーカー相手に戦ってたのかもしれない

    返信削除
    返信
    1. そういう説もあるようですが、「確実に死んだ」ところを見せていないキャラはあとで出てくる可能性があるなあと思ってメモしました。同じ理由でモイヤースも死んだ可能性が高いけど、死体を見せたわけではないので含めています。
      私も一度観ただけで、見返していない(録画していない)ので確認のしようがないのですけどね^^;

      削除
  2. こんにちは!
    モールス信号の件は、確かにトラヴィスが見たときには銃声でしたが、モールス信号を送っていたらしき人が生きてるのか、それともクリスが見たときにはモールス信号を送っていて、後に転化してトラヴィスが見たときには軍隊に撃たれていたのか、色々考えられますが謎ですね笑
    後で出てくるかもしれません(^o^)

    トヴァイアスは必ず出てくるでしょうね!
    1話しか出てきませんでしたから、こらからどう絡むのか楽しみです。

    ところで、ラストシーンの海のアップが異常に長くて怪しいなって思ってたんですが、船の近くに血の塊みたいなのがありましたよね。
    あれはただ単に人またはウォーカーの死骸だったのか、それともあれがウィルスの発生源だったのかな?なんて考えてますw

    返信削除
    返信
    1. ジャックさん、こんにちは!コメントありがとうございます^^
      確かに信号の人物、転化してたという可能性もありますね!
      考えつかなかった〜。

      そうそう海のシーン、私たちも気になってました。なんか赤いけど、まさかゾンビが潜んでるんじゃないだろね?!と(笑)。そうだとしたら船にたどり着くまでも命がけですね(´▽`;)

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。