2015年10月24日土曜日

Nashville - S4E5ネタバレ感想メモ

『ナッシュビル』の個別記事を書くのは珍しいことですが…これはホントに自分のための「メモ」なので、ドラマを追ってない方には前後関係が意味不明だと思います、あしからず(^-^;

すべての画像はFacebookより

もともとソープオペラのようなどろどろ人間関係が入り乱れるドラマですけど、だんだん「いったい何回この2人は別れるのか」とかいろいろメモっておけばよかったと今さらながら思ったりして。

というわけで、以下ネタバレ全開です。





先週スカーレットの彼氏に協力してしまったガナー、スカーレットをあきらめたのか(?)けしかけられて女の子に声かけたりして、ガックリ。今度こそスカーレットとよりを戻すのかと期待したのにー!!!(;_;)

そのスカーレットも母親のアパートを片付けに行き、レイナにお尻たたかれて「closure」のためアパートへやってきたディーコン相手にヒステリー。(^-^;

スカーレット大好きなんだけど、なんかあるとヒステリー起こすのがパターン化してきて、昔のかよわい&かわいい彼女に戻して〜!と思っちゃう(´▽`;)

ピアノの弾き語りなど歌ってるシーンはすごくいいのよね〜。

あげく、バーでおじさん相手に酔っぱらってクダ巻いたりするスカーレットを迎えに来たディーコン、「おまえは正しい決断をした。おれが悪かった」と謝ることにより、ようやく2人は和解。ホッ。

だんだんスカーレットとガナーの関係も、ディーコンが荒れたりするのも飽きて来たよ…(´▽`;)

もう期待させるだけさせておいてぶり返すのはやめてほしい。スカーレットとガナーが結婚して、ディーコンも落ち着いてくれたらいいんだけど。そしたらドラマが終わっちゃうか(笑)。




一方、ジュリエットはヤバそうなクスリを渡されてようやく我に返った模様。しょうもないお付きの女たちを解雇し、エイブリーに連絡を取ろうとするけど時すでに遅し。離婚を迫られて、どうなっちゃうの。

次回予告でジュリエットが屋上に立ってるけど、まさか…自殺?!(゜o゜;)。


ジュリエットと言えば、マディ(レイナの長女)が相談してくると「最高の気晴らしになる」とステージに出してしまうんですけど…

16才(マディを演じるレノン・ステラ本人も16才)の着る服じゃないだろ!
って言いたいほどスゴい露出度のドレス、よくレイナが許したな〜(´▽`;)

このあとレイナにバレてこっぴどく怒られて、また反抗するマディ。この親子も早く落ち着いてほしいよ。(しかし、16ってまだ反抗期?)

マディがどんどん大人になっていくのが切ない…とうとう今回、キスシーンまであったし、なんか最後までいっちゃったような感じだし(;_;)


ぜんぜんシーズン4とか関係ない話だけど、このコンラッド姉妹を演じるふたりが実際に姉妹だということは知ってたものの、カナダ人だったとは知らなかった!YouTubeで有名になってドラマに呼ばれたらしい。どうりで歌が最高なわけだ!

シーズン1当時、13才のレノン(マディ)と9才のメイジー(ダフネ)が歌う「Ho Hey」のカバーが大好きでした↓



13才ですでにメイクしてるよね、マディ(笑)。でも今と比べるとまだまだ子ども!
しかし、この曲は本物よりいいかも!と思うほどすごく素敵でした(*´▽`*)
このふたりのハーモニーは天使のようですね〜♪


0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。