2017年4月7日金曜日

"Gotham" シーズン3第13・14話 ネタバレ感想

GOTHAM/ゴッサム

S3E13 "Mad City: Smile Like You Mean It"
S3E14 "The Gentle Art of Making Enemies"
Air Date: January 23 & 30, 2017

画像はFacebookより

シーズン3・第12話からの続き。

録画がたまってて消したいため、駆け足で13・14話を見直して簡単なあらすじ(と感想)をメモ。3週間後にはシーズン3が再開しますが、今見直したら3週間後には忘れてそう…(^-^;



***以下、思いっきりネタバレ***





ジェローム復活


死んだジェロームを復活させようとして失敗したドワイト(死体安置所の男)は、なんとジェロームの顔の皮をはいで血だらけのお面のようにしてかぶり、自分がジェロームに成り済ますという衝撃の行動に出ます。

この皮が気持ち悪いだけでなく、このあとジェローム自身がほんとうに復活したとき皮をはがれた顔がまた気持ち悪い…。一応包帯を巻いてるんだけど、隙間からちらちら見えるんだもの(;_;)

で、ジェロームの顔の皮をかぶったドワイトがテレビ中継で "We are all Jerome." と繰り返すのが『ウォーキング・デッド』の "We're all Negan" を思い出してしまうんだけど、あっさりジェロームに取り押さえられてしまうところがニーガンとは全然違う(当たり前か)。

顔の皮を取り戻したジェロームは、自分で皮をホッチキスでとめ(キモっ!!!)、ドワイトを爆薬につないでテレビ生中継中に爆発させます。その後ブルースを誘拐したジェローム、遊園地で公開処刑?をしようとしますが、逃げ出したブルースと素手で殴り合い、顔の皮がズレてまたすごく気持ち悪いことに…(´▽`;)

結局ジェロームは逮捕され、顔の縫合手術のあとアーカムに送り込まれることになりました。ああそれにしてもこの2話はジェロームが気味悪かったなあ(ー_ー;


ニグマの復讐


バーバラたちと手を組んだニグマの作戦、込み入っててだんだんアタマがこんがらがってきますが、バーバラたちとエドが組んでいることを知らないペンギンは「エドの居場所を教えれば助けてやる」と取り引きを持ちかけられても「自分を裏切ったエドだが、彼の居場所をおまえらに知らせることはしない」とキッパリ。

(このへんのペンギンとニグマのやり取りが非常におもしろいんだけど動画探してる時間がないです…)

「自分には『愛する』ことができない」と自覚させたうえで殺したかったエドの期待(?)を裏切ったことになり、エドは混乱するものの、結局はペンギンの嘆願に耳を傾けず、胸の下当たりを撃って海に突き落としてしまいます。


それでも不死身(?)のペンギンのことだから死んでないとは思うけど、しばらくは登場ないのかもしれないですね。次回予告(?)ではエドワード・ニグマがとうとうリドラーになりそうな気配でした。


セリーナと母親の決裂


セリーナの母親は、実はセリーナが金持ちのブルースと仲よくなったことを知って利用するために戻って来ただけでしたΣ(゚∇゚*)!!

ブルースは詐欺だと知りつつ母親に頼まれるがままに金を渡したため、母親の真意を知って怒り狂うセリーナに「あんたもウソつきだ」と責められます。この2人も前途多難だなあ…。


"I will not kill."


ジェロームがアルフレッドを殺したと思ったブルースは、素手で殴り合っていたときにもう少しでジェロームを殺すところでした。「『正義』と『報復』のあいだには細いながらも線がある。今回はかろうじてその線を越えなかったが、危ないところだった」と自覚するブルースに「じゃあ、それが最初のルールですね。あなたを訓練してきたが、今後どのような形にせよ、継続していくにはいくつかのルールが必要です」とアルフレッド。その最初のルールが「人を殺さないこと(I will not kill)」だというわけです。




最後に the Court of Owls の連中がニセモノブルースにスーツを着させて何か企んでる様子と、その Court のひとりがなんとジムの叔父であることが明かされましたが、これがシーズン3後半にどうつながるのか興味深い。


(偽ブルース↑)


再開にはまだ日がありますが…シーズン3第15話に続く。

Posted on Thu. April 6, 2017

<関連記事もくじ>
ゴッサム関連記事もくじ

© copyright 2017 – All rights reserved
北米発☆TVづくし
*無断転載を禁じます*




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。